ホーム
[[$mobileBanner]]

概要

V.A.C.®治療は、難治性の創傷の治療に変革をもたらしています。創傷の形状にフィットする独自の多孔性ポリウレタンフォームを創内に密閉し陰圧をかけることによって、過剰な滲出液や感染性老廃物を除去し、肉芽組織の形成を促進して創床を整え、創傷治癒に導く最適な環境を作り出します。

V.A.C.® 治療・ファクトシート

歴史

KCIは1996年、難治性の創傷の治療に陰圧を用いる新たなアプローチを導入しました。陰圧閉鎖療法(Negative Pressure Wound Therapy)として知られる、KCI独自のVacuum Assisted Closure®(V.A.C.®)治療は、創傷治療に変革をもたらし、現在では難治性の創傷や潰瘍の治療で実績のある有用な選択肢となっています。

研究開発(R&D)

KCIは技術革新への投資を続け、治療効果の向上と治療コストの低減を目指した研究開発に取り組んでいます。2008年にKCIは、全世界で研究開発に約90億円を投資し、約150人の研究開発担当者によって活用されています。

臨床的な特徴

創傷治療法の進展に重要な役割を果たしたとされるV.A.C.®治療は、3つの重要なコンポーネントの組み合わせによって、創傷治癒を促進する環境を作り出します。

  • V.A.C.®グラニューフォーム®により滲出液を除去するだけでなく、創傷治癒をもたらします。V.A.C.®グラニューフォーム®によって創内に分散された陰圧が創面を微小変形させ、創傷治癒に不可欠な血管新生と細胞増殖を誘発すると考えられています。また、V.A.C.®グラニューフォーム®は、深い創傷や平坦でない創面にもフィットします。
  • SensaT.R.A.C.テクノロジーは、設定した陰圧を維持できるよう、創内における陰圧値を監視します。
  • 陰圧維持管理装置は、高機能ソフトウェアにより、間欠的または連続的な陰圧環境を創内に作り出します。

ページの先頭に戻る

臨床報告

V.A.C.®治療の治療効果と医療経済性について、世界中の多数の論文で報告されています。

  • 44の無作為化比較対照試験
  • 991以上の査読論文
  • 937以上の抄録
  • 72の医学教科書での引用

2015年2月9日現在

[[$footerLinks]]